本文へジャンプ

RSS_Mark RSS

20日の夜は関東地方の何処を見ても快晴表示。

ということで久しぶりに房総半島に向かいました。

まず向かったのは何度も行っている南房総最南端にあるラバーズベンチ。

夏の天の川とは一緒に撮ったことがなかったのでここにしました。

17loversbenchstar23

予報通り快晴で天の川もクッキリでした。

しかし土曜の夜ということもありカメラマンも多くベンチに座るのは遠慮しておきました。

ベンチから太平洋と星空を眺めるのも最高なんですけどね。

17loversbenchstar2

17loversbenchstar4

夏の大三角(織姫、彦星)とラバーズベンチ↑

17loversbenchstar5

左サイドから↑

 

17loversbenchstar1

やっぱ座りたかったな~

ここも人気が出過ぎて新月期は誰もいないって日はなかなかなさそうですね。

しばらく撮ったあとここだけではもったいないと思い

比較的近い、鴨川にある大山千枚田に行くことにしました。

つづく。

5/19に後楽園ホールで行われた女子ボクシング興行、ダンガンレディース。

うちは結局相手が見つからず出場出来ませんでしたがカメラマンとして会場に向かいました。

この日のメインはWBO女子世界ミニフライ級タイトルマッチ決定戦。

空位となった王座を江畑佳代子選手と塙英理加選手が争います。

江畑選手はこれまで女子ボクシングを牽引してきた超ベテラン。

OPBFやWBCインターなどのタイトルは獲得してきましたが世界だけどうしてもて手が届きませんでした。

今回が引退を賭けた6度目の挑戦。

対する塙選手は一昨年デビューの7戦全勝のホープ。

それでも今回、実力、経験から江畑選手の有利は揺るがないという下馬評でした。

その分江畑選手のプレッシャーは相当なものだったでしょう。

ebata1

実は江畑選手とは年齢も一緒ということもあり少しだけ交流ももたせていただいていますが

正直この年齢でこのパフォーマンスには脱帽です。

ebata2

ebata9

ebata19

さすがこの日もキレキレの動きでした。

しかし驚いたのは塙選手のパフォーマンス。

正直ここまでやるとは思わなかったくらいのボクシングで、タイトルマッチに相応しい激闘となりました。

ebata8

しかし実力はやはり江畑選手が一歩抜けていました。

ebata10

ebata6

ebata20

最終ラウンド両者は全てを出し尽くす素晴らしいファイトでした。

判定は98-92と97-93が二人の3-0でついに江畑選手が世界のベルトを手にしました。

ebata13

その瞬間は感動的でした。

一度は引退宣言もしながらどうしても欲しかった世界のベルトを手に入れるためにリングに戻り

それでも手に届かず、それでも諦めず続けてチャンスを得た6度目の挑戦で夢を叶えました。

そうそう出来るものじゃありません。

ebata14

本当におめでとうございます!

そう簡単にそのベルトは手放してはダメですよ~

これから防衛を重ね、江畑選手のボクシングをまだまだ見せて下さい。

そしてまだまだ女子ボクシング界を引っ張って行って下さい!

夜の撮影を終え、そのまま朝から撮影。

まだ日が差す前に。

17kamihottisakura1

ここは桜や周りのロケーションの良さもさることながら、やっぱお地蔵さんのインパクトが大きいですね。

毎年撮っていても飽きません。

しかし来年はこの時期に別の場所に行こうかなと思っています。

17kamihottisakura2

山の上に昇ってきた太陽の光が桜に差す時間。

この頃はカメラマンも大勢います。

17kamihottisakura3

17kamihottisakura4

天気もそのまま快晴で気持ち良い朝でした。

17kamihottisakura6

17kamihottisakura7

8時まで撮りつくし帰ることにしました。

これで今年の桜撮影は最後です。

今年も沢山の桜を楽しませてもらいました。

来年は新しい桜の木に出会う撮影をしようかなと思います。

かなりの人数がいるという上発知のシダレザクラへは車で5分くらい。

車が停められるか心配でしたが何度も通ったお陰で穴場に停めることが出来ました。

車を降りて現地に向かうと言われた通り凄いカメラマンの数でした。

真っ暗なので正確には分かりませんが30人以上はいたでしょうね。

とりあえず自分は好きなアングルで撮影開始。

しかしいろんな方向からライトが照射され、なかなかまともに撮影出来ません。

17kamihottistar6_1

こうなったら他者のライトを利用するしかないと開き直って撮影。

17kamihottistar4

17kamihottistar5

ライトを照らしたい気持ちはよくわかるのですが、それぞれ照らし方もさまざまでさすがに大変でしたが、

ここまで人が多いと照らしていいか聞くのも無理だろうし、折角ここまで来てるから思うままにやっちゃうんでしょうね。

17kamihottistar6

それとは別に赤いランプを無駄に点滅させてたり光々とまき散らしている人もいましたね。

悪気はないんでしょうけどかなり迷惑していたようでちょっと殺伐とした雰囲気もありました。

そうなると撮影自体が楽しくなくなっちゃいますよね。

近年、星景撮影が人気で多くの人が撮影を楽しむようになりましたが

マナーや周りへの影響などは初心者の方たちにはまだ分からない部分があるんでしょうね。

17kamihottistar2

人が多くなればなるほどこういった問題が出てきますが、多ければ多いほど解決もまた難しくなります。

星景写真の撮り方ばかりが先行してしまっているので、他のジャンルも含めマナーも伝えていかないといけませんね。

偉そうなこと言ってますが自分もほんと気をつけないと。

17kamihottistar8

そうこうしているとあっという間に薄明がやってきまして星々も少しづつ消えていきます。

今年も素晴らしい星空をありがとうございました。

しかし撮影はまだまだこれから。

ここは明るい時間もたっぷり撮影したい一本桜なんです。

今年もまた昼間も撮影して帰りました。

つづく。

片品村から沼田市に移動し、まずは発知の彼岸桜へ。

すでに散り始めているとの情報はありましたがまだまだ十分。

しかも土曜日の夜ということで大勢のカメラマンがいるんだろうな~と行ってみると

3人しかおらず。

ここはこの8年間毎年来ていますが年々人が多くなってきており

昨年はかなりの人数だったのですが・・・

17hottistar1

お陰で現地にいたカメラマンたちと楽しく撮影出来ました。

天の川もちょうど桜の上に昇ってきていました。

夏の大三角形と桜が同じような形ですね。

17hottistar3

ご覧の通りまだまだ花は付いていました。

毎年同じような写真ばかり撮っていますが何度来ても飽きない桜と星空です。

この後は満開を迎えたばかりの上発知のシダレザクラに行く予定だったので

他のカメラマンさんたちにそっちは行ったのか尋ねると・・・

人が多すぎて嫌になってこっちに戻ってきたのだと。

ここが少ないと思ったらどうやら満開の上発知に集中していたようです。

1時間ほど撮影したあと、恐る恐る自分的メインの上発知に移動しました。

つづく。

前へ戻る このページのトップへ戻る