本文へジャンプ

RSS_Mark RSS

今年一発目の星撮りは久しぶりに蓼科へ。

この時期ならではということで乙女滝の氷瀑を狙いに行きました。

その乙女滝のすぐ近くに幼馴染が家とゲストハウスを建てていたので

まずそこに立ち寄ることにしました。

そのあたりはもちろん氷点下なのですが、暖炉とコーヒーで談笑しながらしばし暖まらせてもらいました。

あまりゆっくりもしていられないので外に出ると、やっぱ寒い。

でも星空は最高でした。

せっかくなのでそのゲストハウスと星空も撮っていきました。

guesthousebon2

泊まっていきたかったな~

「ゲストハウス ボン」蓼科に行く際はぜひご利用ください。

ここから数百メートル先にある乙女滝へ。二度目の訪問。

18otomedakistar5

深夜0時までは街灯が点いているためこれだけ明るいです。

だいぶ氷瀑してますね。

ちなみにこの時は-9℃でした。

滝の脇を登って滝の真横に行きました。

18otomedakistar6

凍ってて登るのに苦労しました。

ここで撮影していると0時を過ぎたみたいで突然真っ暗になり

18otomedakistar

突然世界が変わりました。

18otomedakistar4

オリオンや冬の星座が入り込んできました。

冬の淡い天の川から流れる滝みたにもなったかな。

18otomedakistar3

なんとか冬のダイヤモンドも入りました↑

他にも回りたいところがあったのですが、翌日仕事もあったのでここで退散しました。

星も綺麗だし極寒の撮影は寒いけど楽しいです。

 

 

明けましておめでとうございます。

今年も一年宜しくお願い申し上げます。

18nenga3

昨年は沢山の仕事をいただきカメラマンとして一番充実した年になりました。

今年も更に充実出来るよう頑張ってまいります。

昨年末最後のプライベート写真↓

18skytree

仕事がこの辺りだったので撮って帰りました。

今年もどんな被写体に出会えるか今から楽しみです。

 

12月13日、14日は毎年恒例のふたご座流星群がピークということで13日は外して14日の夜に撮影に出かけました。

しかし予報が変わり13日の快晴から14日の夜は雲がびっしり。

しかも13日の夜はかなり流れていたようで火球もかなりあったようです。

それでも雲の隙間も出来そうだったので城ケ島に出かけました。

すると思っていたよりも雲は少なく、撮影出来そうでした。

空を眺めているとさすが三大流星群のひとつ、ばんばん流れていました。

17futagozajyougasima2

中央上部に↑

17futagozajyougasima1

オリオンの中を駆け抜けていきました↑

10枚ほど撮影出来ましたが雲の中や大きさなどから写真ではイマイチでした。

しかし流れ星自体は20個以上見られて満足でした。

ふたご座流星群は大きいものが多く、ゆっくり流れるので見応えがありますね。

そしてその翌々日、今度は富士山方面へ。

まだ流れたりするかもと期待を込めて出かけましたがまさかの曇多し。

17fumotoppara

富士山も隠れていてこれくらいしかまともなものは撮れず↑

ということで更に翌々日また富士山方面へ。

今度は快晴でした。

実に久しぶりの満天の星空。

しかも意外と流れ星も多く、翌日の仕事の事を忘れ長い時間撮影してしまいました。

17shoujikocar

気温はマイナス3度。久しぶりの精進湖↑

そしてふもとっぱらへ移動。

17fumotoppara3

ここでもオリオンの中を流れる流れ星を撮れました↑

17fumotoppara2

なんだかんだここは好きです。

17fumotoppara4

久しぶりに星空と撮影を満喫出来ました。

年内はもう行けないかな~。

 

12月11日後楽園ホールで私が担当している下岡由美子(厚木ワタナベジム)の試合がありました。

今回は初のアトム級(46.2キロ)まで落としての6回戦でした。

相手は5戦5勝の石川海選手(ユナイテッドジム)で東洋太平洋2位でもあります。

8shimooka17

しかし絶対勝てると信じて練習も減量も順調にやってきました。

計量も問題なくパスし試合を迎えました。

8shimooka1

8shimooka5

試合前は選手も自分も何度やっても緊張します。

8shimooka6

今回も写真は大部泰カメラマンが撮ってくれました。

8shimooka7

8shimooka8

8shimooka2

試合は1ラウンド目こそ相手に若干ペースを奪われたかと思われましたが

2ラウンド目からこちらもペース上げ試合を支配していきました。

8shimooka10

8shimooka3

自分もいっぱい撮ってくれてましたw

しかし3ラウンド目以降相手の頭、ホールドに悩まされ後続打が打てません。

そして度重なるバッティングに相手選手が減点1。

8shimooka13

試合も1分ほど中断しドクターチェック。

試合はほどなく再開され、ここから下岡もギアをアップ。

8shimooka11

8shimooka12

8shimooka14

8shimooka15

倒すことは出来ませんでしたが6ラウンド最後までポイントを奪いました。

結果は59-54が二人、58-55が一人の3-0の判定で勝利。

8shimooka4

今年は連敗してしまいましたが最後に東洋ランカーを撃破することが出来、終わりよければすべて良しで締めくくれました。

これで東洋太平洋ランキングにも入れると思います。

まだまだ力をつけなくてはいけませんが、来年は日本タイトルマッチ(東洋はまだかな)を必ずやりたいと思います。

8shimooka16

しかし下岡選手の根性はたいしたものです。

うちの男子選手にも見習ってもらわないと(笑)

今回も沢山の応援本当にありがとうございました!

またしっかり練習して頑張りますのでまた応援よろしくお願い致します。

12月1日、後楽園ホールでボクシング世界5階級目のタイトルを狙って藤岡奈穂子選手がメインのリングに上がりました。

fujiokaposter

今回もこの記念すべきポスターの藤岡選手の写真を使用していただきました。

5fujiokanaoko1

5fujiokanaoko2

藤岡選手がずっと公言してきた世界5階級制覇の舞台がついにきました。

WBO女子世界ライトフライ級王者決定戦。

相手はIBF世界アトム級王者でもあるコスタリカのヨコスタ・バレ選手。

5fujiokanaoko3

5fujiokanaoko4

5fujiokanaoko5

相手も無敗だけあって上手い選手でした。

しかしペースはやはり藤岡選手。要所要所いいパンチを当てていました。

5fujiokanaoko6

5fujiokanaoko7

5fujiokanaoko9

5fujiokanaoko8

5fujiokanaoko10

5fujiokanaoko11

熱戦はフルラウンド(10ラウンド)行われ終了のゴング。

5fujiokanaoko12

試合終了の瞬間、やり切ったという様子で膝をつきました。

しかしこの時きっと勝利も確信したでしょう。

5fujiokanaoko13

藤岡奈穂子選手、見事5階級制覇達成!

世界タイトルマッチ、当然のように勝つ藤岡選手やはり強いです。

5fujiokanaoko14

5fujiokanaoko15

藤岡選手、T&Hジムの皆様おめでとうございます。

女子では5階級制覇は二人目の世界タイ記録。

1本獲るだけでも大変なことなのに、もうバケモノです。

5fujiokanaoko17

5fujiokanaoko18

満員だった後楽園ホールのお客様も大満足。

5fujiokanaoko19

さすがに記者会見も大勢のマスコミが詰めかけました。

5fujiokanaoko20

5fujiokanaoko21

個人的にもお世話になっている藤岡さん、本当におめでとうございます!

最大の目標を達成させたことはとにかく素晴らしい。

まだまだ女子ボクシングを引っ張っていって欲しいですね。

今回、会場入り口に展示した等身大パネルの写真も提供させていただきました。

5fujiokanaoko24

顔ハメも出来るようになっています。(ご本人顔ハメw)

5fujiokanaoko23

みんなやってくれたかな?

前へ戻る このページのトップへ戻る