本文へジャンプ

RSS_Mark RSS

WBO女子世界ミニフライ級タイトル決定戦

5/19に後楽園ホールで行われた女子ボクシング興行、ダンガンレディース。

うちは結局相手が見つからず出場出来ませんでしたがカメラマンとして会場に向かいました。

この日のメインはWBO女子世界ミニフライ級タイトルマッチ決定戦。

空位となった王座を江畑佳代子選手と塙英理加選手が争います。

江畑選手はこれまで女子ボクシングを牽引してきた超ベテラン。

OPBFやWBCインターなどのタイトルは獲得してきましたが世界だけどうしてもて手が届きませんでした。

今回が引退を賭けた6度目の挑戦。

対する塙選手は一昨年デビューの7戦全勝のホープ。

それでも今回、実力、経験から江畑選手の有利は揺るがないという下馬評でした。

その分江畑選手のプレッシャーは相当なものだったでしょう。

ebata1

実は江畑選手とは年齢も一緒ということもあり少しだけ交流ももたせていただいていますが

正直この年齢でこのパフォーマンスには脱帽です。

ebata2

ebata9

ebata19

さすがこの日もキレキレの動きでした。

しかし驚いたのは塙選手のパフォーマンス。

正直ここまでやるとは思わなかったくらいのボクシングで、タイトルマッチに相応しい激闘となりました。

ebata8

しかし実力はやはり江畑選手が一歩抜けていました。

ebata10

ebata6

ebata20

最終ラウンド両者は全てを出し尽くす素晴らしいファイトでした。

判定は98-92と97-93が二人の3-0でついに江畑選手が世界のベルトを手にしました。

ebata13

その瞬間は感動的でした。

一度は引退宣言もしながらどうしても欲しかった世界のベルトを手に入れるためにリングに戻り

それでも手に届かず、それでも諦めず続けてチャンスを得た6度目の挑戦で夢を叶えました。

そうそう出来るものじゃありません。

ebata14

本当におめでとうございます!

そう簡単にそのベルトは手放してはダメですよ~

これから防衛を重ね、江畑選手のボクシングをまだまだ見せて下さい。

そしてまだまだ女子ボクシング界を引っ張って行って下さい!

コメント / トラックバック

▼  トラックバック用 URL

この投稿のコメント・トラックバック RSS

コメントする

※ コメント以外は必須ではありませんので、お気軽にどうぞ。

( 管理人にのみ公開されます )

前へ戻る このページのトップへ戻る