本文へジャンプ

RSS_Mark RSS

元世界王者対決

11月10日後楽園ホールで行われた元世界女王対決。

WBOアジア・パシフィック女子ミニフライ級タイトルマッチ。

多田悦子vs柴田直子。

まさにサバイバル戦。

さすがの二人。高い技術と攻防見せてもらいました。

tadavsshibata2

tadavsshibata3

過去に一度対戦のある二人。

その時は多田選手が勝利し、世界王座を防衛しています。

それから5年。

二人はいろいろな思い、決意をもってリングに上がったでしょう。

tadavsshibata4

tadavsshibata5

tadavsshibata17

tadavsshibata7

tadavsshibata6

tadavsshibata8

8ラウンドフルに拳を交え判定へ。

2度目の対戦も多田選手に軍配が上がりました。

tadavsshibata15

勝った多田選手はWBO女子世界ミニフライ級チャンピオンの江畑佳代子選手に挑戦という話も出ています。

決まればこれも楽しみな一戦になりますね。

負けてしまった柴田選手はこの後引退を表明。

shibatanaokolast

最後のリングになると決めていたのでしょうか。

お客様に深々と頭を下げ挨拶している姿が印象的でした。

女子がプロ化されてから長い間トップに君臨してきた柴田選手。

東洋、世界のベルトを巻いた素晴らしい選手でした。

現役生活、本当にお疲れ様でした。

tadavsshibata12

いつもサービスがいい多田選手(笑)

次回は世界戦になることを楽しみにしています。

コメント / トラックバック

▼  トラックバック用 URL

この投稿のコメント・トラックバック RSS

コメントする

※ コメント以外は必須ではありませんので、お気軽にどうぞ。

( 管理人にのみ公開されます )

前へ戻る このページのトップへ戻る