本文へジャンプ

RSS_Mark RSS

DANGANルーキーズトーナメント

1月30日に後楽園ホールで行われたDANGANでは厚木ワタナベジム今年一発目の試合がありました。

この日はルーキーズトーナメント決勝に谷川生馬と佐藤アツ幸の2名が出場しました。

まず谷川生馬選手。

2ikuma3

サウスポー同士の戦いでしたが相手選手はなかなかの強豪でした。

2ikuma2

2度ダウンを奪われるなど劣勢でしたがその度に攻め込み手数を増やしました。

場内は大歓声でしたね。

2ikuma1

しかし判定は0-3のフルマークで負けてしまいました。

これで1敗1分となり早く1勝目が欲しいところです。

次に登場したのが佐藤選手。

しかし立ち上がりは大人しく、写真撮りながらもっと攻めろ~と心の中で叫んでいました。

1、2ラウンド取られたな~、後がねーぞと思っていた第3ラウンドようやく左ボディーが炸裂し始めました。

2sato3

2sato4

完全にペース奪い返し迎えた第4ラウンド。

ボディーを効かせておいて右でダウンを奪いました。

2sato5

2sato6

完全に形勢逆転。

相手選手も立ち上がり再開。

しかしそこから一気の攻めで再びダウンを奪うとレフェリーストップ。

2sato7

見事4ラウンドTKO勝利となりました。

これでルーキーズトーナメント優勝、2戦2勝となりました。

2sato9

今年の新人王が楽しみな存在となってくれました。

2sato9_1

しかし前半の戦い方は反省ですね。

まだ20歳ですからほんとこれからです。

応援して下さった皆様ありがとうございました!

それとこの日の第1試合に前にいたジムでの教え子が八王子中屋ジムからデビュー戦を迎えました。

1nisikawa1

1nisikawa2

見事3ラウンドTKO勝利。

 

1nisikawa3

逞しくなったな~

これからの活躍楽しみにしてます。

1nisikawa4

コメント / トラックバック

▼  トラックバック用 URL

この投稿のコメント・トラックバック RSS

コメントする

※ コメント以外は必須ではありませんので、お気軽にどうぞ。

( 管理人にのみ公開されます )

前へ戻る このページのトップへ戻る