本文へジャンプ

RSS_Mark RSS

ジャッジは難しい

18日後楽園ホールで行われた谷川生馬(厚木ワタナベジム)の4回戦。

今回はⅭ級トーナメント。

4ikuma

ダンガンⅭ級トーナメントは4選手が参加して行われます。

4ikuma1

4ikuma2

4ikuma3

1ラウンド目後半、右を直撃させグラついたところをラッシュしにいきましたが上手く詰められませんでした。

しかしこれで勢いは生馬に。

4ikuma4

4ikuma5

4ikuma6

相手も上手いサウスポーでしたがその上手さを打ち消す生馬の攻撃が目立ちました。

4ラウンド戦いきり判定へ。

これは勝っただろうと思いましたが。

ジャッジ一人が39-37でこっちでしたがあとの二人は38-38のドロー。

結果は引き分け。

4ikuma7

そしてトーナメントのため優勢点でどちらかが次戦に進むのですが

ドローを付けた二人が優勢点を相手側に付けた為、ここで敗退。

いや~ジャッジはよくわかりませんわ。

まあこういうことは何度も経験してきてますがね。

倒せば文句なしですが判定になったときの勝ち方もしっかり覚えないといけませんね。

今回もたくさんの応援ありがとうございました。

次は11月4日東日本新人王決勝での碇瑠偉になります。

あ、その日の午前中はエアボクシング、エアマスター後楽園に厚木ワタナベジムからも一人参戦が決定しているので

この日は一日後楽園ホールになりそうです。

コメント / トラックバック

▼  トラックバック用 URL

この投稿のコメント・トラックバック RSS

コメントする

※ コメント以外は必須ではありませんので、お気軽にどうぞ。

( 管理人にのみ公開されます )

前へ戻る このページのトップへ戻る