本文へジャンプ

RSS_Mark RSS

2019東日本新人王トーナメント初戦

4/5後楽園ホールで行われた厚木ワタナベジム3選手の結果です。

19aw

まずはスーパーバンタム級で出場の谷川生馬。

6ikuma1

6ikuma3

6ikuma2

6ikuma4

序盤は動きが硬く右ももらい相手に先手を取られました。

2ラウンド目からは手数もでて攻め出しましたが上手く捌かれクリーンヒットとまではいきませんでした。

3ラウンド目ようやくポイントが取れたと思いましたが

最終ラウンドは相手も頑張り判定へ。

三者ともに37-39の0-3で判定負けとなりました。

相手選手の実力が上でしたね。

この後私はドクターチェックに向かい、続くフェザー級の山口成也の試合は撮影することが出来ませんでした。

控室で生馬とモニター越しで観戦。

1ラウンド目にダウンを奪いその後も軽快なフットワークから有効打を奪い

3ラウンド目2度目のダウンを奪うとレフェリーストップを呼び込みTKO勝利。

9seiya1

一時期4連敗もありましたがこれで2連勝。

2回戦に駒を進めました。

続く第3試合のスーパーフェザー級佐藤諄幸の試合も成也のドクターチェックのため

2ラウンド目から観戦。

5sato1

相手の勢いに押される場面多かったですが

3ラウンド目から左ボディーを軸に攻め込み

右でダウンをゲット。

5sato2

5sato3

 

5sato4立ち上がった相手をその後ラッシュしてレフェリーストップ。

見事TKO勝利となりました。

5sato5

序盤攻められながらも冷静に対処し、後半しっかり攻め込みにいけるのはたいしたものです。

5sato6

これで佐藤も2回戦に進みました。

勝った二人は昨年の新人王では1回戦で負けてしまっていたので今年は楽しみです。

負けた生馬もまだまだここから這い上がってくれるでしょう。

帰り靴を履くの忘れて帰ろうとしてたのでちょっと心配ですが(笑)

今回は3選手出場ということもあり沢山の応援が来てくれました。ありがとうございます。

2回戦は6月に行われると思いますのでまた応援宜しくお願い致します。

コメント / トラックバック

▼  トラックバック用 URL

この投稿のコメント・トラックバック RSS

コメントする

※ コメント以外は必須ではありませんので、お気軽にどうぞ。

( 管理人にのみ公開されます )

前へ戻る このページのトップへ戻る