本文へジャンプ

RSS_Mark RSS

至高のカード満員御礼

令和元年7/12後楽園ホール。

WBA女子世界フライ級タイトルマッチ

王者藤岡奈穂子vs挑戦者天海ツナミ

fvst19

fvst14

ついにこの日を迎えた日本女子プロボクシング黄金カード

まずは試合前の一コマ二コマ

fvst15

fvst16

藤岡さんの五階級のベルト

fvst17

調子は良さそう

fvst18

fvst20

fvst64

こちらも調子良さそう

そして両選手のグッズ売り場では私が撮影した写真でいくつか商品化していただきました。

fvst59

fvst60

メインの試合が始まる前には後楽園ホールも立ち見が溢れる超満員でした。

fvst25

まずは天海ツナミ選手から入場

fvst26

そしてチャンピオン藤岡選手

fvst27

fvst28

国家斉唱

fvst1

fvst2

ついにこの二人が同じリングに上がってしまいました。

前にも書きましたが、両選手とも日ごろからお世話になり写真も撮り続けてきました。

至高のカードではありますが個人的には勝敗がつくのを見たくない気持ちもやはりありました。

しかし勝敗をつけるべく試合はスタート

fvst36

1ラウンド目から高いかけ引きが始まりました。

fvst31

fvst33

fvst32

1ラウンド2分があっという間

fvst34

fvst35

fvst39

fvst38

fvst40

fvst41

fvst43

fvst44

fvst45

しかしツナミさんはかわすのが本当に上手い

藤岡さんも手数を増やしていきましたがギリギリのところではずしていました

fvst47

fvst46

fvst37

fvst48

fvst49

fvst55

fvst54

fvst53

fvst52

fvst51

fvst50

試合は10ラウンド最後まで高い技術の攻防でラストは両者激しく打ち合って終了

fvst3

私は終わった瞬間どちらが勝ったか正直わかりませんでした。

とにかく最後まで期待通り両選手が戦い抜いてくれたことに感謝しかなかったです

そして判定の結果は

fvst4

1-1三者三様のドロー引き分け

応援していたお客さんはそれぞれ応援していた方が勝ったと思ったであろうと思います。

fvst5

きっとお互い納得いかない部分もあったでしょうけどこういった光景はホント美しいです

とにかくドローということでタイトルは藤岡選手が防衛ということになりました。

fvst7

fvst8

試合後のインタビューでは反省しきりで込み上げる場面も・・・

fvst6

この試合は女子の年間最高試合になることでしょう。

しかしこれに負けじと下の世代も刺激を受け二人のような試合を目指して頑張っていただきたいですね。

fvst70

fvst9

fvst13

二人の人柄が表れています。

今後のお二人の動向にも注目ですね。

コメント / トラックバック

▼  トラックバック用 URL

この投稿のコメント・トラックバック RSS

コメントする

※ コメント以外は必須ではありませんので、お気軽にどうぞ。

( 管理人にのみ公開されます )

前へ戻る このページのトップへ戻る