本文へジャンプ

RSS_Mark RSS

遺影写真

終活なんて言葉も生まれている時代ですが

実際にはなかなか行動に移せないものなのではないでしょうか。

これは本人が意識をもって動くことがほとんどだと思います。

周りが促すのは本人に失礼なのではないかと躊躇してしまいそうですよね。

実際私がそうでした。

私の両親は既に他界しておりますが、終活らしいことはほぼしていませんでした。

大切なことではありますが、私からからなかなか相続などの話も出せませんでした。

そういった話を親の方からしてくれていたら話はしやすかったと思いますが。

特にまだ学生の時に亡くなった父親は急死だった為、本当に大変でした。

それを経験していても母親の時は更に大変でした。

親の死期が近いとわかっていても先ほど述べたように相続の事など話に出せませんでした。

年老いても入院していても介護施設に入所していても本人は必至に生きようとしていましたからね。

その結果、相続のことなんかは大変なめに遭いました。

事前準備の必要性を痛感しました。

人が亡くなると次々とやらなくてはならないことが親族にはあります。

そのうちの一つであるタイトルにも書いた遺影写真なのですが

父親の時、遺影に出来そうな写真なんていくらでもあるだろうと思っていたのですが

いざ探してみるとそれらしいものが全然ありませんでした。

何でもいいとはなかなかいきません。

ずっと飾られて残っていくものなのでいい写真であるにこしたことはありません。

母親の時はそれなりのものがあったので良かったですが

カメラマンである私がちゃんと撮っておけばよかったと後悔もしています。

そうなんです、カメラマンの私なら終活の中で遺影写真のお手伝いが出来ます。

実際そういった撮影も今まで何度かさせていただきました。

事前に遺影に使用する写真を残しておくことでご本人も、これで一つ安心が増えたと喜んでらっしゃいました。

それに少しでも若いうちに、元気な姿のうちに、という意見が共通にありました。

必ずしも遺影限定に考えず今の自分を残すくらいのつもりで撮影されれば良いと思いますので

ご本人だけでなく周りの方がご提案されても良いのではないでしょうか。

それで最近は遺影写真の出張撮影を行っております。

遺影撮影チラシ

現在はこのようなプランで撮影させていただいております(一部変更される場合もございます)。

もちろん遺影だけでなくプロフィール用など様々な場面でご利用いただければと思いますので

ご年配の方だけでなく老若男女ご利用下さい。

ご要望があれば一度お気軽にご相談下さい。

老人ホーム、介護施設などにも出張させていただいておりますので

ご要望がございましたら一度お問い合わせ下さい。

コメント / トラックバック

現在、この投稿へのコメントは受け付けていません。

▼  トラックバック用 URL

この投稿のコメント・トラックバック RSS

前へ戻る このページのトップへ戻る