本文へジャンプ

RSS_Mark RSS

花形冴美vs池山直Ⅲ

9/12後楽園ホールで行われたIBF女子世界アトム級タイトルマッチ。

王者花形冴美選手の初防衛戦。

対する挑戦者は池山直。

今回は立場が逆転しての3度目の対戦。

過去2戦はいずれもドロー。

3度目の正直となるかそれとも2度あることは・・・

とにかく楽しみ。

hvsi

この試合の6日後には50歳になる池山選手。

hvsi5

hvsi7

5度目の挑戦で世界を掴んだ花形選手。

hvsi7_1

hvsi8

hvsi9

hvsi13

hvsi10

今回3度目の対戦ということでお互い知り尽くした相手。

それもあってか二人ともいつもと違うスタイルが見られました。

花形選手は足を使ったボクサースタイル、池山選手はサウスポーに盛んにスイッチ。

やはりお互い考えてますね。

hvsi11

hvsi12

hvsi15

前半は花形選手がヒットを重ねた印象。

しかし後半に入り池山選手のサウスポーからの左ボディーがヒットし始め

更に手数も増し押し始めた印象。

hvsi20_1

hvsi21_1

hvsi14

しかし池山選手のこのスタミナは毎回驚かされます。

歳のことはあまり言いたくありませんがそれでもこの年齢は

普通だったらこんなパフォーマンス出来ないと思います。

日ごろの鍛錬が半端じゃないんでしょうね。

hvsi16

花形選手も王者の意地。

押されだしてからまずいと思ったか再び手数を増やしていきました。

hvsi15

hvsi17

hvsi24

hvsi22

結局最後の最後まで激しく打ち合い10ラウンド終了。

hvsi18

素晴らしい戦いでした。

正直今回もドローでもおかしくない内容。

判定は割れましたがついに決着はつきました。

2-1で花形選手が初防衛に成功。

しかし池山選手も素晴らしかったです。

hvsi19

victriva17

hvsi21

今後どこまで防衛するか楽しみです。

hvsi20

そして池山選手。この日のパフォーマンスを見る限りまだまだ続けて欲しいです。

50代での王座奪還見たいですね。

コメント / トラックバック

▼  トラックバック用 URL

この投稿のコメント・トラックバック RSS

コメントする

※ コメント以外は必須ではありませんので、お気軽にどうぞ。

( 管理人にのみ公開されます )

前へ戻る このページのトップへ戻る