本文へジャンプ

RSS_Mark RSS

Category : BOXING

去る10月6日に行われたDANGAN興行のメインイベントは

今回初めて承認された女子日本タイトルマッチでした。

初代チャンピオンを決めるべく、アトム、ミニフライ、フライ、バンタム、フェザーの

5階級でトーナメントが組まれ争われることになりました。

うちもミニフライ級で下岡選手が記念すべきタイトルマッチの準決勝に出場しましたが

負けてしまいタイトルマッチに漕ぎ着けることは出来ませんでした。

そしてこの日、記念すべき初のタイトルマッチとなったのは

バンタム級を争う、高野人母美選手と吉田実代選手。

yoshidavstakano1

高野選手はブラザー・コーンとともに入場。

yoshidavstakano2

そのままブラザー・コーンによる国家斉唱。

yoshidavstakano6

yoshidavstakano4

yoshidavstakano5

yoshidavstakano30

そして6ラウンドで争われる日本タイトルマッチがスタート。

yoshidavstakano11

yoshidavstakano18

距離を取って戦いたい高野選手と懐に入りたい吉田選手。

かみ合わない時間が多かったですね。

yoshidavstakano

終始やりづらそうにしていたのは高野選手。

吉田選手の踏込からの攻撃がポイントを持っていっているような印象でした。

yoshidavstakano9

yoshidavstakano12

yoshidavstakano17

yoshidavstakano14

yoshidavstakano16

高野選手も時折入ってくるところにアッパーなどが見られましたが、後続打が続けられず。

yoshidavstakano19

yoshidavstakano10

yoshidavstakano13

yoshidavstakano31

yoshidavstakano32

そして試合は判定に。

yoshidavstakano20

僅差で吉田実代選手が初代日本女子バンタム級のチャンピオンとなりました。

yoshidavstakano21

yoshidavstakano25

yoshidavstakano27

yoshidavstakano28

真新しいベルト。これカッコイイですよね。

吉田選手おめでとうございます!

このタイトルマッチを期に女子ボクシングが盛り上がってくれるといいですね。

遅くなりましたが10月6日に後楽園ホールで行われたDANGAN195での

厚木ワタナベジム3人の試合結果と16日に行われた横山選手の試合結果です。

4人はそれぞれDANGANのトーナメントに出場で

今回デビュー戦の谷川、佐藤の2人はルーキーズトーナメント準決勝。

今回が2戦目となる碇はC級トーナメント準決勝となります。

まずはこの日の第4試合、谷川選手の試合から。

1ikuma1

試合前の円陣。俺も入りたかった(笑)

1ikuma2

1ikuma3

1ikuma5

1ラウンド目は何発かクリーンヒットを奪われ危ない立ち上がりでしたが、2ラウンド以降はエンジンがかかり反撃。

1ikuma6

1ikuma7

左ストレートもビシビシ当て連打もまとめ締めくくりました。

勝ったかな~と思いましたが判定はドロー。

トーナメントのためどちらかが優勢で決勝へと選ばれるのですが

1ikuma9

谷川選手が優勢と見なされ決勝進出!

続いて第6試合に登場した佐藤選手。

1sato1

1sato2

いつも物静かな佐藤くん。ちょっと心配でしたが・・・

1sato4

デビュー戦とは思えない冷静さと得意の左ボディーで相手にジワジワとダメージを与え

なんと3ラウンドに左ボディーでダウンを奪いました。

1sato5

なかなかデビュー戦で左ボディーでダウンを奪う選手なんていませんよ。

1sato6

その後多少の反撃にもあいましたが圧倒の判定勝利。

1sato7

これで佐藤選手も決勝に進出。

そして第9試合に登場したのが碇瑠偉選手。

2ikari1

碇選手はまだ18歳と若手のホープ。

そういえば佐藤選手もまだ19歳でしたw2ikari2

碇選手も得意の左ボディーを軸に相手を攻めたてました。

2ikari4

スピード、パワーと非凡なものがありますがちょっと単調だったか

攻めあぐねる場面が多くありました。

2ikari3

試合は判定にもつれ込み結果ドロー。

しかしこれも優勢となり決勝進出となりました。

2ikari6

本人は悔しい悔しいドローでしたが、決勝に残れたので次戦悔しさを晴らして欲しいですね。

ということでなんとか3人とも決勝進出を果してくれました。

そして10日後の10月16日、横山渉選手がB級トーナメントに出場しました。

13yokoyama1

自身6度目となるサウスポー相手。

その都度わたくしマスの相手をさせられています。

これまでサウスポーには3勝1敗1分と得意としていますが

今回は僅差判定負けとなってしまいました。

13yokoyama2

B級に昇格してから惜敗が多く、早くA級に昇格して欲しい。

こうして今月厚木ワタナベジムから4人の選手がトーナメントに出場し

3人来年1月に予定されている決勝に進むことになりました。

応援していただいた皆様、ありがとうございました!

今月はあと22日に両国で行われるトリプル世界戦の前座に山口成也選手が出場します。

引き続き応援の程、宜しくお願い致します。

10月6日に後楽園ホールで行われるDANGAN195に

厚木ワタナベジムから3選手が出場いたします。

デビュー戦が2人と今回が2戦目の1人。

ジム期待のホープたちです。

ikuma1

第4試合:谷川生馬・スーパーバンタム級↑

satoatu1

第6試合:佐藤あつ幸・スーパーフェザー級↑

ikari1

第9試合:碇瑠偉・スーパーフライ級↑

10月はこの他に16日横山渉の6回戦、22日はトリプル世界戦の前座に山口成也が登場します。

この5連戦、何勝何敗となるか。

皆様応援宜しくお願い致します!

 

9/30(もう今日だ)日本時間の10月1日にメキシコで天海ツナミ選手が元世界王者同士の対決に挑みます。

いつも出稽古などでお世話になっているツナミさんをメキシコに行く前に撮らせていただきました。

tenkaitsunami3

元WBA女子世界スーパーフライ級チャンピオンで現OPBFバンタム級チャンピオン。

試合は約一年ぶりになっちゃいましたね。

相手は過去に一度戦っている元IBF・WBCフライ級チャンピオン、メキシコのアレリー・ムシーノ選手。

前回は1-2の判定で敗れていますが内容は勝っていたでしょう。

敵地で厳しい戦いですが、是非勝って帰ってきて欲しいです。

tenkaitsunami30

tenkaitsunami2

tenkaitsunami23

tenkaitsunami

tenkaitsunami7

最後はカメハメ波!

tenkaitsunami10-2

またリングの上で世界のベルトを巻く姿が見たいですね。

先日後楽園ホールに行ったとき、ふとホール入口に貼られているチャンピオンたちのパネルを見てみると

fujieba

私が撮影した藤岡チャンプ、江畑チャンプの写真が飾られてました。

ボクシングの聖地後楽園ホールには現役チャンピオンたちのパネルが飾られるのですが

そこに私の撮った写真があるなんて感無量です。

両チャンピオンに感謝ですね。

そんなお二人と先日はっちゃけました(笑)

江畑さんとはだいぶ遅くなった世界奪取祝勝会。

ebasan2

その時名刺もいただき、私が撮影した写真を使用してくれました。

ebasan

年内に防衛戦になるのかならないのか。

どちらにしても次戦が楽しみです。

そして2か月続けて世界5階級目を賭けた試合が流れてしまった藤岡さん。

さすがに気持ちも落ちてるということで藤岡サポーターのみんなでサプライズ激励会。

元シュート王者の高橋藍さんが急遽企画してくれて大成功でした。

fujiokasangekireikai19

藤岡さんのあっけに取られた顔はウケました(笑)

これで藤岡さんも再びパワー注入出来たでしょう!

fujiokasangekireikai11

ハワイアンのお店だったのですが、途中ハワイアンダンスに巻き込まれ踊りまくりでしたw

両王者とは同い年ですが、まだまだチャンピオンとして現役生活頑張って欲しいですね。

前へ戻る このページのトップへ戻る