本文へジャンプ

RSS_Mark RSS

Category : BOXING

4/15に行われた村田、比嘉ダブル世界戦の前座に厚木ワタナベジムから碇瑠偉の4回戦がありました。

場所は横浜アリーナ。

ここを私にとって聖地かもしれません。

というのも私が初めてプロボクシングを生観戦したのが横浜アリーナなのです。

約22年前、私が20歳ころ。

辰吉丈一郎vsダニエル・サラゴサ戦。

それまで4回戦の試合など観たこともなかった私はそのインパクトに衝撃を受けたのを覚えています。

まさかこういう形で横浜アリーナに戻ってくるとは当時思いもしませんでしたね。

今回はセコンドに付きませんでしたが、私の小さな目標として

私の選手を前座でもいいので横浜アリーナの舞台で一緒にリングに上がることです。

と、前置きはこのへんで。

うちの碇選手は今年の新人王トーナメントにエントリーしていますが初戦が8月の予定なので

間が空きすぎる為、一戦挟もうということで今回の試合になりました。

4ikari1

前座といっても入場から素晴らしい演出付きで羨ましい限り。

4ikari5

4ikari2

私はわりと遠い席からの観戦だったので大型モニターばかりに目がいきました。

600㎜のレンズでも物足りなかったですね。

4ikari4

4ikari3

ちょっと単調な試合展開でしたが大差判定で勝利しました!

4ikari6

これで2勝2分け。一応負けなしですね。

碇選手には新人王も大きく期待しているうちのホープです。

今年のスーパーフライ級の新人王戦、碇瑠偉にご注目下さい!

4/9後楽園ホールで山口成也(厚木ワタナベジム)の東日本新人王トーナメント一回戦がありました。

今回初めてスーパーバンタム級まで落としての参戦。

4yamaguchi1

4yamaguchi7

立ち上がり調子も良く確実にポイントを取りましたがラスト相手に反撃を許す展開に。

2ラウンド以降出だしはいいもののすぐに失速。

4yamaguchi4

4yamaguchi6

ボディーが効いてしまったようで力が入って様子でした。

4yamaguchi5

迎えた最終ラウンド、このままでは判定も難しいのでKOに期待しましたが力が入らず

逆に相手にまとめられレフェリーストップ。

トーナメント初戦敗退となってしまいました。

チケットもたくさん売る山口選手。たくさんの応援本当にありがとうございました。

デビュー戦以来勝ち星がないためここは勝ちたかったですが・・・

普段とてもまじめに休むことなくジムワークをかかさない山口選手。

次戦こそはその練習の成果を結果に結び付けて欲しい。

 

3/26後楽園ホールで行われた中村雅俊(厚木ワタナベジム)の試合。

プロ3戦目で初勝利を目指すライトフライ級の4回戦。

相手選手も未勝利の2戦目。

お互い初勝利が欲しい欲しくてたまらないでしょう。

3nakamura_2

しかし開始1ラウンド、2ラウンドとお互い手数少なすぎ。

マスボクシングのようでした。

このままじゃ勝てないよと思った3ラウンド目にようやく攻める攻める。

3nakamura3

3nakamura2

3nakamura5

自分も声を出したかったけどそれ以上にセコンド陣が言いたいことを声に出してくれていました。

3nakamura6

3、4ラウンドは取ったと思いましたが1、2が分からない。

判定の結果は2-0でなんとか勝利。

3nakamura4

ちょっとエンジン掛けるの遅すぎだよ~

本人も大いに反省してました。

しかしこの勝利で一皮剥けてくれるといいかな。

とにもかくにもプロ初勝利おめでとう!

沢山の応援本当にありがとうございました。

またまた日にちが経ってしまいましたが

3/11に行われたB-UPスパーリング大会vol.39の模様です。

今回は初となる東京タワースタジオでの大会でした。

2K2A0002

こんな感じ↑

まさにテレビスタジオって感じですね。

で、試合の模様。

2K2A0143

2K2A0153

2K2A0254

2K2A0284

2K2A0303

2K2A0357

2K2A0472

2K2A0609

最後はラウンドガールのともえちゃん。

2K2A0731

次回は6月ここ東京タワーの麓での大会になると思われます。

代官山に変わる新たな聖地となるか。

時間が経ってしまいましたが3/8に後楽園ホールで行われた

女子の世界戦2試合と東洋太平洋の1試合だけ撮影したので少しご紹介。

メインで行われたWBO女子世界ミニフライ級タイトルマッチ。

チャンピオン江畑佳代子の初防戦。相手は韓国の猛者パク・ヒジョン選手。

ebtakayokov1

昨年5月に6度目の挑戦でついに掴んだ世界のベルト。

それを簡単には手放すわけにはいかないでしょう。

ebtakayokov4

ebtakayokov6

前半は上手く捌きながらポイントをゲット。

素晴らし戦い方でした。パク選手も噂通りの強さで後半追い上げましたが最後までチャンピオンが上手く戦いました。

結果は2-0判定で江畑選手の判定勝利で初防衛に成功。

ebtakayokov8

ebtakayokov5

ホッとしたでしょう(笑)

しかし年齢など関係ないと言わしめるパフォーマンスには驚かされます。

そしてセミで行われたのはWBO女子世界ライトフライ級タイトルマッチ。

元世界王者の天海ツナミ選手vs元アマチュア王者で東洋太平洋王者のチャオズ箕輪選手の戦い。

女子界屈指の好カードにこの日一番の注目が集まりました。

w2tsunami1

w2tsunami2

w2tsunami4

w2tsunami10

w2tsunami5

w2tsunami6

出だしはチャオズ箕輪選手がジャブを当ていいスタートを切りましたが

3ラウンドに入るとツナミ選手がペースを掴み、そこからは圧巻の強さを発揮しました。

w2tsunami7

w2tsunami8

w2tsunami11

満身創痍になったチャオズ選手は8ラウンド終了時、陣営の判断により棄権。

天海ツナミ選手のTKO勝利で世界2階級制覇を達成しました。

さすがにキャリアの差もあったのかここまで差が付くとは思いませんでした。

w2tsunami17

w2tsunami20

ツナミ選手やはり強すぎです。

これからの防衛戦、3階級制覇が楽しみですね。

6chaoz3

チャオズ選手はまだまだこれからの選手。立て直してまた世界を狙って欲しいです。

そしてセミセミで行われた東洋太平洋ミニフライ級タイトルマッチ。

チャンピオン花形冴美選手v塙英理加選手の一戦。

花形選手には今回うちの下岡選手のスパーをずっと受けてもらっていました。

hanagatasaemi3_2

hanagatasaemi2_2hanagatasaemi1_1

スパーでは結構戦えると思っていましたが

花形チャンプの試合を見てたらスパーの時の倍くらい強かったですね。

hanagatasaemi6

やはり凄いです。余裕の判定勝利でした。

hanagatasaemi4_1

hanagatasaemi5_1

またスパーお願いしたいです。

そして今年こそは世界のベルトを掴んで欲しいですね。

前へ戻る このページのトップへ戻る