本文へジャンプ

RSS_Mark RSS

Category : BOXING

先日女子ボクサー高野人母美選手(フリー)を撮らせていただきました。

タレント、モデルボクサーとして知名度は抜群でしたが

現在は日本のリングから離れて海外に活動を移しています。

takanokobushi6-2

眼光、拳は健在です。

takanokobushi5-2

takanokobushi4-2

takanokobushi7

また日本のリングでも活躍して欲しいですね。

12/9東京タワースタジオで行われたB-UPスパー大会。

年末恒例のチャンピオンカーニバル。

bup43

6階級でタイトルマッチがありました。

2K2A7293

2K2A7429

2K2A7530

2K2A7681

2K2A7960

2K2A8142

今年最後のB-UP盛り上がりました。

来年はどんなドラマをみせてくれるか楽しみです。

次回は2019.2.24東京タワースタジオです。

bup2

 

遅くなりましたが11月20日に行われた下岡由美子の6回戦のお話。

プロで1戦出来ればと言っていた下岡も今回で11戦目。

すっかり中堅女子ボクサーとなりました。

11shimooka2

だいぶ経っているので結果から申し上げますと、ダウンをとられての0-3の判定負けでした。

11shimooka6

11shimooka1

今回勝てば日本タイトルの指名挑戦者の権利が得られるかな~と思っていました。

そして確実に勝たないといけない試合でしたし、確実に勝つと思っていました。

しかし蓋を開けてみれば先に述べた通りの惨敗。

11shimooka4

出稽古先でのスパーも調子良かったですし技術もついてきていましたが

まず相手のモンブランみき選手、強くなっていました。

そして下岡は当日動き悪かったです。

11shimooka9

11shimooka7

11shimooka8

色んな原因があると思いますが、とにかく負けてしまいました。

 

久しぶりにその日の夜はあまり寝られず、負けたことが夢見てんのかな~と思うくらいでした。

厳しい現実だな~と。

今回の試合はプロの定年を超えて行う初めての試合でした。

そういったこともあり今後についてはしっかり考えないといけないと思いました。

色んな選択肢があったと思います。

そして下岡と話し合った結果、敗因も分かっているのでこのままでは終われないと再起を決意致しました。

11shimooka5

残りわずかであろう彼女のプロボクサー生活、必ず強くして再起させたいと思います。

今回もたくさん応援をいただきありがとうございました。今回も期待に応えられず本当に申し訳ないです。

私も選手も更に覚悟を持って次のリングに上がります。

またその時は応援宜しくお願い致します。

今回の写真は、カメラマンの藤村のぞみさん、日ノ本一さん、福田直樹さんが撮って下さったものです。

昨晩後楽園ホールでプロ5戦目のリングを迎えた中村雅俊(厚木ワタナベジム)。

5nakamura2

5戦目とは言っても選手の中では圧倒的一番の古株です。

デビューから2連敗後、2連勝してノッテいます。

5nakamura3

1ラウンド目はちょと様子を見過ぎたかポイントは取られました。

2ラウンド目は最初から積極的に攻めだしました。

5nakamura1

右ストレート、右アッパーもあたり攻勢を印象づけました。

しかしこの回相手選手がバッティングでカット。3ラウンド開始すぐにドクターチェックで続行不可能となり負傷判定へ。

試合ラウンドの半分が終了しているとそれまでのラウンドの判定になります。

結果は0-1のドロー。

1ラウンド目の消極性がもったいなかったですね。

試合は何があるかわかりませんから特に4回戦は最初から攻めないとダメですね。

しかし中村雅俊も力がついてきましたので来年からの活躍が楽しみです。

皆様応援ありがとうございました。

次回は11/20に下岡由美子の試合になります。

今年の厚木ワタナベジムのプロの試合はそれが最後になるかもしれません。

昨年も下岡の勝利で締めくくったので今年も勝利で締めくくりたいと思います。

11/3後楽園ホールで行われた東日本新人王決勝戦。

厚木ワタナベジム碇瑠偉がスーパーフライ級に出場しました。

7ikari1

7ikari2

調子は良さそうでしたね。

7ikari9

7ikari3

新人王決勝は毎年お客さんが多いのでいいですよね。

7ikari5

7ikari4

7ikari7

7ikari6

7ikari8

結果は0-3の判定負け。しかも三者ともにフルマークでした。

内容はポイント差ほどありませんでしたが全てのラウンド少しの差でもっていかれましたね。

常に先手を強打とともに放ってきた相手選手にペースを取られました。

碇も強いパンチを返していき、お互いダメージが溜まっていたと思います。

4ラウンド打ち合った内容は双方素晴らしかったです。

しかし新人王を獲るのは難しいですね。

碇はまだ19歳。

今後もとても楽しみな選手なのでまだまだこれからに期待して下さい。

今回は決勝ということもあり沢山の方々が会場に応援しに来てくれました。

本当にありがとうございました。

前へ戻る このページのトップへ戻る