本文へジャンプ

RSS_Mark RSS

Category : 写真

ツナミ選手が無事防衛を果たし、会場からお客さんがいなくなりだした頃

会場裏の海から花火が上がりました。

95

 

97

98

100

103

104

105

107

たまらない演出ですね。

冬の花火をじっくり堪能させていただきました。

この後打ち上げ会場に行き、メインイベントのレフェリーでもあったJBC、WBOの中村レフェリーと色々お話させてもらいました。

14年前私がプロテストを受験した時のレフェリーが中村さんでまさか14年越しに鹿児島でこんなに色んな話が出来るとは人生面白いものです。

そして次はツナミさん実家での打ち上げにもお邪魔させていただきました。

19kagoshima9

19kagoshima10

ここでも色々なお話が聞けて楽しかったですしいただいた刺身が旨かった~

そして更にこの日はふたご座流星群極大日だったので満月に近かったですが

地元の方に山の上まで連れていっていただき皆で流れ星鑑賞。

111

112

流れ星もみんな5個くらいは見れたので良かったです。

なんて充実した一日だったのでしょう。

翌日帰るのが淋し過ぎました。

19kagoshima8

朝ホテルのロビーに集合して肝付町とお別れ。

今回の2泊3日の旅を完全サポートしてくれたツナミさんの後援会と

ずっとお世話してくれたツナミさんの小学校の時の担任加藤様。

19kagoshima11

本当にありがとうございました。

なんの不便もなくとにかく楽しく過ごさせていただきました。

そして山木ジムの皆さんにも大変お世話なりました。

内之浦肝付町また是非遊びに行きたいと思います。

一か月近くブログを放置していましたが怒涛の更新です。

今月12月21日から来年1月26日まで町田市フォトサロンで写真展をやらせていただくことになりました。

ありがたいことに、今回女子ボクシングの写真展をとご依頼いただき開催となりました。

4champ7

今回は私が主に撮影させていただいている4人の現世界王者の4選手と

awroad-2

トレーナーとして私が担当している3人の選手を取り上げてやらせていただきます。

タイトルは「女子ボクシングの世界~拳に賭ける想い~」

世界を掴んだ女性たちとこれから上を目指す選手たちの練習風景から試合などの写真を50~60点近く展示予定です。

会期中はイベントも多数予定しおりますので(入場無料)

お時間ある方はお気軽に遊びに来て下さい。

これを機会に女子ボクシングを少しでも多くの方々に認知していただければと思っております。

詳しくはこちらもhttp://phmuse.com/?p=2464ご覧下さい。

joshibox

写真展と遺影撮影の件で取材していただきました↑

皆様お待ちしております。

今年は星空撮影になかなか出かけられていません。

近年はSNSを見れば星景写真が溢れかえっています。

撮影される方もものすごく多くなってきました。

実際人気スポットに行くと沢山の人が撮影しています。

昔ほどレア感がなくなってきて私も若干引き気味になっていました。

でもやはり好きなものは好きなようで

久しぶりに撮影するとやっぱ楽しいし、何より星空を眺めるている時間は何とも言えない気分にさせてくれます。

で、まずは星の数は少ないのですが出張先で撮影した写真↓

19kyujostar4

群馬県の渋川にいたのですがホテルの近くに球場があったのでちょっと撮ってみました。

19kyujostar2

一応立ってみる俺。

19kyujostar3

この画像じゃあまり星がわからないかな?

やっぱ楽しいということで日を改めて富士吉田へ。

19arakurastar4-2

久しぶりに新倉山浅間公園。

ここまで来るには398段の階段を登らなくていけません。

深夜のロング階段はマジきついですが

ご褒美か流れ星が入ってくれました。

もうすっかり空気が澄んだ星空の季節。

これからまたちょくちょく撮りにでかけられればと思います。

10/10後楽園ホールで行われた山口成也(厚木ワタナベジム)の試合。

デビューして3年。

早くもプロ10戦目を迎えました。

10seiya1

今回は久しぶりに担当選手以外のセコンドに付きました。

なので試合は撮影していません。

試合の結果は0-3の判定負け。

ポイント差ほど実力に差はありませんでしたが逆に明確にポイントは取れませんでした。

これで3勝6敗1分となかなか星を五分に出来ません。

実力は間違いなく付けてきています。

入門時からほとんど休まず黙々と練習しているのいつか化けてくれんじゃないかと密かに期待しています。

今年はその兆しもあったのですが。あともう少しですかね。

そんな山口選手といえばその風貌。

7seiya6

辰吉丈一郎を尊敬する彼は髪形を完全コピー。

そのヘアースタイルは入門時から変わりません。

ここまで寄せてる現役選手は山口選手以外いないんじゃないでしょうか。

最近は試合中に「辰吉~」と声援されることも。

試合後も辰吉ファンと思われるお客さんに声をかけられることが多くなってきました。

プロは個性も重要。

あとはとにかく実力です。

これで白星が先行し始めればインパクトと共に人気も出そうな気がします。

来年はラストチャンスの新人王を獲って厚木ワタナベジムを盛り上げる選手の一人になって欲しいですね。

ボクシングのプロテストには年齢制限があります。

過去に何度か変更がありましたが現在は16歳から34歳(35歳の誕生日を迎えるまで)。

ちなみに私が受けた時代は17歳から30歳でした。

そして厚木ワタナベジムからこの夏ふたりのプロテスト定年間近の練習生がラストチャンスのテストに挑みました。

しかも二人は高校の同級生。ですがそれをお互い知ったのが今年に入ってからという(笑)

この二人は私が担当していました。

プロを目指したのは共に30歳を超えてから。昔だったら受験資格もない年齢ですね。

しかし二人とも怪我もしながらも毎日練習を頑張りなんとか受験出来るレベルまで育ちました。

35歳近くになってなかなか出来ることではないと思います。

テストの合否を決めるのは2ラウンドのスパーリング。

二人とも普段のスパーリングより落ち着いて出来ていたいたと思います。

michisita

shimura

しかしプロテストというものは容赦ありません。

二人とも不合格。

確かに際どい内容ではありましたが・・・二人とも相手がまさかのサウスポー。

練習では全くサウスポーとはやってこなかったもんな~

なんとも非情な巡り合わせ。

これも運命ですかね。

私もラストチャンスのテストで落ちているので気持ちはよくは分かります。

合格させてあげられず申し訳ないです。

二人とも当然悔しいとは思いますが納得していたようでした。

プロボクサーにはなれませんでしたが

ここまで諦めずに練習してきた過程、この舞台に上がった経験は

今後の人生にきっと生きると信じています。

前へ戻る このページのトップへ戻る