本文へジャンプ

RSS_Mark RSS

Category : お仕事

現在プロは4人担当していますが、ようやく今年一発目の担当選手の試合が組めました。

池田聡真プロ2戦目。

19ikeda4

5/14後楽園ホールで第1試合です。

相手は新日本カスガジムの大平選手。

相手は7戦目とキャリアは上ですが必ず勝ちをもぎ取ります。

19ikeda2

19ikeda

しかし今年は去年と違って試合が組める状況にない担当選手ばかりです。

たぶん今年はかなり試合数が少なくなりそうなので

何としても池ちゃんを勝たせてまたすぐ試合を組めるよう頑張ります。

皆様応援宜しくお願い致します。

4/5後楽園ホールで行われた厚木ワタナベジム3選手の結果です。

19aw

まずはスーパーバンタム級で出場の谷川生馬。

6ikuma1

6ikuma3

6ikuma2

6ikuma4

序盤は動きが硬く右ももらい相手に先手を取られました。

2ラウンド目からは手数もでて攻め出しましたが上手く捌かれクリーンヒットとまではいきませんでした。

3ラウンド目ようやくポイントが取れたと思いましたが

最終ラウンドは相手も頑張り判定へ。

三者ともに37-39の0-3で判定負けとなりました。

相手選手の実力が上でしたね。

この後私はドクターチェックに向かい、続くフェザー級の山口成也の試合は撮影することが出来ませんでした。

控室で生馬とモニター越しで観戦。

1ラウンド目にダウンを奪いその後も軽快なフットワークから有効打を奪い

3ラウンド目2度目のダウンを奪うとレフェリーストップを呼び込みTKO勝利。

9seiya1

一時期4連敗もありましたがこれで2連勝。

2回戦に駒を進めました。

続く第3試合のスーパーフェザー級佐藤諄幸の試合も成也のドクターチェックのため

2ラウンド目から観戦。

5sato1

相手の勢いに押される場面多かったですが

3ラウンド目から左ボディーを軸に攻め込み

右でダウンをゲット。

5sato2

5sato3

 

5sato4立ち上がった相手をその後ラッシュしてレフェリーストップ。

見事TKO勝利となりました。

5sato5

序盤攻められながらも冷静に対処し、後半しっかり攻め込みにいけるのはたいしたものです。

5sato6

これで佐藤も2回戦に進みました。

勝った二人は昨年の新人王では1回戦で負けてしまっていたので今年は楽しみです。

負けた生馬もまだまだここから這い上がってくれるでしょう。

帰り靴を履くの忘れて帰ろうとしてたのでちょっと心配ですが(笑)

今回は3選手出場ということもあり沢山の応援が来てくれました。ありがとうございます。

2回戦は6月に行われると思いますのでまた応援宜しくお願い致します。

4/5後楽園ホール、厚木ワタナベジムから3選手が出場します。

いずれも今年の東日本新人王予選トーナメント初戦です。

第1試合スーパーバンタム級

谷川生馬

19ikuma

第2試合フェザー級

山口成也

19yamaguchi

第3試合スーパーフェザー級

佐藤諄幸

19sato2

3試合連続は初めてかも。

私は自身の担当選手以外はセコンドに付かず撮影にまわらせてもらっているのですが

さすがにこの日は写真撮りながらも選手たちのサポートもする予定です。

とにかくトーナメントの大事な初戦。

3連勝といきたいところですね。

今年もうひとりエントリーしている碇瑠偉はシードのため

初戦は7月末になる予定です。

3/13後楽園ホールで行われた女子興行を撮影してきました。

メインはアトム級東洋王者の松田選手と日本王者の鈴木選手がそれぞれのベルトを賭けたタイトルマッチ。

松田選手はむか~しうちの下岡が何度も出稽古でスパーした選手。

そのころとは比べ物にならないくらい強くなっちゃいました。

そして鈴木選手は下岡がプロで2回戦った(1勝1敗)選手とうことで

個人的にも楽しみな一戦でした。

matsudavssuzuki

結果は思いのほか差が出てしまいました。

松田選手がスピード、技術で圧勝。

3-0判定勝利。

鈴木選手相手にフィジカルでも全く負けていませんでした。

matsudavssuzuki2

世界もそう時間かからないでしょうね。

セミは日本バンタム級タイトルマッチ。

東洋、日本のタイトルを持っている吉田選手は今回日本タイトルを賭けた防衛戦。

挑戦者は1位の若狭選手。

この試合もどちらもお世話になっている選手なので楽しみ一戦。

しかしこちらも思いのほか差がありました。

yoshidavswakasa7

yoshidavswakasa

yoshidavswakasa9

yoshidavswakasa2

パワーの若狭選手を真っ向から受けて総合力で力の差をみせつけた感じでした。

yoshidavswakasa8

この試合も大差の判定が付きました。

吉田選手が2度目の防衛に成功。

yoshidavswakasa5

毎回確実に力をつけてきている吉田選手も近い将来世界にいくでしょう。

こうして観ているとうちも早くタイトルマッチにたどり着きたいですね。

あともう一人年内にはデビューさせたい女子選手もいるので

厚木ワタナベジムも頑張っていきます。

2月24日東京タワースタジオで行われた今年最初のB-UP。

今年も宜しくお願い致します。

bup44-11

今回はヘビーとバンタムのタイトルマッチがありました。

それでは試合の写真を少し。

bup44-10

bup44-9

bup44-8

bup44-7

bup44-6

bup44-5

bup44-4

bup44-3

bup44-2

bup44-1

4-11

東京タワースタジオでの開催は今回でラスト。

ここは昔ボキャブラ天国の収録がされていて

私が大学時代に観覧席で盛り上げ役のバイトをしていたという

思い出の地でもありましたw

次回の東京大会は6月の予定。

会場がどこになるか楽しみですね。

前へ戻る このページのトップへ戻る