本文へジャンプ

RSS_Mark RSS

毎年紅葉を撮り歩いていますが

今年は時間がなく一日だけ地元の薬師池公園で撮りました。

19kouyou1

ここでは毎年撮っているので同じようにならないことを毎年意識しています。

それで今回はカモ狙いで。

19kouyou3

19kouyou2

この日は天気も良くて気持ち良かったです。

この季節は大好きなのですが今年は夏が長くて更にすぐ冬がきたような感じだったので

秋を楽しむ時間がほとんどありませんでした。

紅葉もまた来年だ。

だいぶ時間が経ってしまいましたが11/19後楽園ホールで

私が担当する池田聡真のプロ3戦目がありました。

3ikeda2

今回はフライ級。右が池田。

そしてこの興行は、はじめの一歩30周年記念大会として行われ

試合当日会場ははじめの一歩ネタで賑わいました。

3ikeda6

これ俺↑

3ikeda4試合はと言いますと、結果は0-3の判定負け。

そんなに差はありませんでしたが初回のダウンが響きました。

ダウン後冷静に戦っているようにみえましたが本人は初のダウンでちょっと焦っていたようです。

その後も試合は今一つ噛み合わずクリンチ、ホールドが多い展開でした。

スパーでは調子良くきていましたが試合は別物、やはり難しいですね。

あまり感覚を空けずに次をやらせたいです。

写真はヒノモトハジメさんと岸本周子さんからいただきました。

3ikeda3

3ikeda5

3ikeda7

当日は沢山の応援ありがとうございました。

池田聡真はこれで1勝2敗となりました。

また二人で出直しますので皆様また応援宜しくお願い致します。

11/3後楽園ホールでダブルヘッダーでした。

まず午前中はエアボクシング最高峰の大会、エアマスター後楽園が開催されました。

厚木ワタナベジムからは女子2名が出場しました。

19eamaster1

通常大会では2度チャンピオンになっている磯村選手は悲願のエアマスター制覇に向けた準々決勝。

19eamaster2

2-0の勝利で12/22の準決勝に駒を進めました。

今年デビューしたばかりの木野目選手は急成長でエアマスター出場権を獲得しました。

19eamaster4

試合はジャッジ三者共にドローで優勢点で1-2となり負けてしまいました。

木野目選手のエアボクシングはこれで幕を閉じ、今後はプロを目指して進んでいきます。

 

午後からは東日本新人王トーナメントの決勝戦。

今年も厚木ワタナベジムからは1名決勝まで勝ち残りました。

なんとしても初の新人王を出したいところ。

19sinjinou2

スーパーフェザー級の佐藤諄幸。

俺になかなかVRを貸してくれないゲーム大好きさとちゃんも5勝1敗1分と素晴らしい成績でここまできました。

19sinjinou6

19sinjinou7

第1ラウンド、ジャブが当たりまずまずのスタートでしたが手数は相手で印象ポイントはもっていかれた感じ。

すると2ラウンド目は佐藤お得意のボディーブローが何発も炸裂。

19sinjinou10

19sinjinou4

佐藤の勝ちパターンなだけに期待は膨らみました。

実際相手もかなりボディーが効いたと言ってました。

しかし3ラウンド目以降相手も攻勢を強め接近戦での戦いが最後まで続きました。

19sinjinou8

19sinjinou9

判定は0-2となり、惜しくも東日本新人王を獲ることは出来ませんでした。

厚木ワタナベジムとしては2年連続決勝で涙を呑むことになりました。

新人王を獲るのはホント難しいですね。

来年は何人エントリーするか分かりませんが新人王出したいですね。

10/11後楽園ホールで行われた日本ライトフライ級タイトルマッチ。

残念ながら観に行くことは出来なかったのですが

チャンピオンの大ベテラン堀川選手に地元が同じ町田出身の高橋悠斗選手(K&Wジム)が挑みました。

結果は下馬評を覆し2-0の判定で見事高橋選手がタイトルを獲得しました。

ということで日本王者となった高橋選手を撮影させていただきました。

takahashiyuto-2

takahashiyuto2-2

takahashiyuto4-2

takahashiyuto5-2

takahashiyuto3-2

takahashiyuto6

高橋選手が所属するK&Wジムは十日市場にあり町田からもとても近いです。

私も出稽古でよく伺いますが家から近いので楽ですw

ジムは違いますが同じ町田出身ということでタイトル獲得は嬉しいですね。

うちも近いうちに必ずチャンピオン出すぞー!

takahashiyuto7

10/10後楽園ホールで行われた山口成也(厚木ワタナベジム)の試合。

デビューして3年。

早くもプロ10戦目を迎えました。

10seiya1

今回は久しぶりに担当選手以外のセコンドに付きました。

なので試合は撮影していません。

試合の結果は0-3の判定負け。

ポイント差ほど実力に差はありませんでしたが逆に明確にポイントは取れませんでした。

これで3勝6敗1分となかなか星を五分に出来ません。

実力は間違いなく付けてきています。

入門時からほとんど休まず黙々と練習しているのいつか化けてくれんじゃないかと密かに期待しています。

今年はその兆しもあったのですが。あともう少しですかね。

そんな山口選手といえばその風貌。

7seiya6

辰吉丈一郎を尊敬する彼は髪形を完全コピー。

そのヘアースタイルは入門時から変わりません。

ここまで寄せてる現役選手は山口選手以外いないんじゃないでしょうか。

最近は試合中に「辰吉~」と声援されることも。

試合後も辰吉ファンと思われるお客さんに声をかけられることが多くなってきました。

プロは個性も重要。

あとはとにかく実力です。

これで白星が先行し始めればインパクトと共に人気も出そうな気がします。

来年はラストチャンスの新人王を獲って厚木ワタナベジムを盛り上げる選手の一人になって欲しいですね。

前へ戻る このページのトップへ戻る